藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

オリンピック3連覇の「ウサイン・ボルト」ケガの影響を感じさせない走り

ニュース

オリンピック3連覇の「ウサイン・ボルト」ケガの影響を感じさせない走り
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

世界一速い男ジャマイカのウサイン・ボルト

陸上100mオリンピック3連覇のウサイン・ボルト

ウサイン・ボルト 力を抜いたら追い上げられ苦笑いでスピードアップ

 リオデジャネイロ五輪第13日(17日=日本時間18日、五輪スタジアム)陸上男子200メートル準決勝2組で、100メートルに続く金メダルを狙うウサイン・ボルト(29)=ジャマイカ=が、ライバルと笑い合いながらゴールする余裕の走りで決勝へ1位通過した。

 4レーンのボルトはスタートからスピードに乗ると、直線に入る前に早くも独走。ラスト50メートルは力を抜いてフィニッシュしようとした。

 だが、隣の5レーンには100メートル銅メダリストのアンドレ・デグラッセ(カナダ)がいた。“驚かせて悪いね”とばかりに笑顔を向けて並んできた21歳の新鋭に、ボルトも苦笑いでスピードアップし、2人は笑い合ったままゴール。ボルトは“いきなり何だ”というように人さし指を振った。

 「デグラッセも最後は流すべきだよ。『何やってるんだ』と聞いたら、『(決勝へ)プレッシャーをかけようと思って』と言われたよ。『まだ準決勝だぜ』って言ったけど。彼はまだ若いね」とボルト。

 一方、100分の2秒差でゴールした現役大学生のデグラッセは「コーチが(ボルトを)明日の決勝まで、できるだけ疲れさせろって言ったんだ。僕は若くて回復も早いから」とスパートの理由を明かした。

 確かに、準決勝3組では、3日前の100メートル決勝で銀メダルを手にした34歳のジャスティン・ガトリン(米国)が20秒を切れず、3着で敗退した。200メートルでも昨年の世界陸上で2位になった実力の持ち主だ。ボルトは「そんなに驚かない。僕たちは皆、年を取る」と口にした。

 しかし、閉会式当日の21日に30歳になるボルトがこの日、最後を流しながらもマークしたのは、今季自己ベストの19秒78だ。「エネルギーを感じるし、すべてがうまくいっている。世界記録を狙えると思う」。自分だけは特別。“人類最速の男”の称号は譲らない。

出典 http://news.livedoor.com

笑ながら走る余裕のウサイン・ボルト

走りながら笑うウサイン・ボルト

出典 http://gqjapan.jp

100mと200mで世界で一番早い男ウサイン・ボルト

ウサイン・ボルトの速さの秘密をスローモーションで探ってみよう

ジャマイカのウサイン・ボルト選手の強さの秘密を探ってみます。

まず最初に彼は背が高いことがあげられます、一般的には背が高ければ当然足も長いですからストロークも大きくなります、足の回転数が同じなら当然ストロークの大きい方がゴールに早く着くので背の高い分早いと言えます。

もう一つ短距離は走っている時の前に出る足が前に出るほどスピードが出るのです
ボルトがゆっくり走っているようで早いのはそこに秘密があります
足の回転を速くしようとして前に出す足が小さくなると逆にスピードが上がりません。

リオ五輪100m決勝でもジャスティン・ガトリンがいいスタートから中盤までリードしていましたが後半ボルトが伸びてくるのが分かっているため足の回転を速くしようとして足が前に出なく後半に伸びなくなりボルトに逆転されてしまいました

ただ足が前に出ないと言ってもほんの少しのことで見ていても分からないほどですが100分の1秒の争いにしてみれば大きな事かもしれません。

リオ五輪 男子100M予選 で早くも対決、桐生祥秀VSウサインボルト

桐生は予選敗退だったが「いい勉強になった」

リオ五輪陸上100m予選で桐生選手がジャマイカの世界記録保持者のウサインボルトと同じ組で走りました、結果は10秒23で予選敗退となりました。

かなり緊張していたようでしたから桐生の自己ベストには遠く及ばなかったわけですが東京五輪では成長した姿を見せたいと語っていました。

ケンブリッジ飛鳥選手、山縣選手も予選は通ったものの準決勝でともに敗退してしまいました。

日本選手も9秒台が見えてきてる訳ですがまだまだ世界との差を感じずにはいられません。


ウサイン・ボルト、リオ五輪前のケガの真実に迫る

リオ五輪に100%の状態で出場出来るのかは分からなかった

ジャマイカのヒーローであるウサイン・ボルトは昨年の8月の中国での世界陸上の
200m決勝で優勝し4連覇を達成した後のウイニングランにて中国カメラマンの
運転するセグウェイと接触して左ふくらはぎを痛めました。

この時はボルトは神対応でカッコよかったのですがその後の大会で欠場したりと
大怪我の可能性もあるという噂も広がりリオ五輪出場も危ぶまれていました
国内予選にも参加しなかったのですが特別措置で五輪の出場が決まりました。

そしてリオ五輪100mで見事にオリンピック3連覇を達成したのでした
左ふくらはぎの状態が100%だったかどうかは本人にしか分かりませんが
オリンピック後に引退の可能性もありますが引退までは1番でいるという
彼の心情からすれば可能性は大きいかもしれませんね

リオ五輪陸上男子200mでもジャマイカのウサイン・ボルト優勝

ジャマイカのウサイン・ボルト選手リオ五輪陸上200mでも優勝で史上初2種目五輪3連覇

リオ五輪でジャマイカのウサイン・ボルト選手が陸上男子100m金メダルに続いて
男子200m決勝でも1位になり金メダルを獲得しました

陸上男子100mもオリンピック3連覇達成したのですがこの200mでも金メダルを
獲得して3連覇を達成して2種目で3連覇を成し遂げました

もちろんこれは史上初のことです、特に100mの3連覇は簡単でなかったと思います
100mは9秒を切る人が沢山いてレース展開によっては勝てないこともあるからです

もしかしたらこのウサイン・ボルト選手は競技生活から引退してしまうかもしれませんが
まだまだ勝てるだろうから引退してしまったら残念でなりませんね
本人は1番でいるうちに引退すると公言していますから引退の可能性は高いでしょう。

リオデジャネイロ五輪陸上100m決勝 ウサインボルト9.81のタイムで 五輪初の三連覇

プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFCに所属するサッカー選手ポールポグバとウサインボルトどこか 似てませんか?

リオ五輪男子100m準決勝でウサイン・ボルト選手と同組で走った山縣亮太選手

リオ五輪陸上男子400mリレー決勝

ジャマイカ金メダル日本はアジア新記録で銀メダル

リオデジャネイロオリンピック陸上男子400m決勝でジャマイカが金メダルを獲得してウサイン・ボルト選手は今大会3個目の金メダルを獲得しました

そして何度銀メダルを獲得したのはアメリカを抑えて日本が獲得しました
この快挙にレース後にウサイン・ボルト選手が日本の4選手の健闘をたたえて握手を求めてきました、
それほど日本の銀メダルは世界に衝撃を与えたのではないでしょうか

個人では日本の選手は誰も決勝へは進めませんでしたがリレーでは団結力、バトンの渡し方をアンダーハンドにしてスムーズなバトンリレーをしたことも
銀メダルという快挙につながったと思います。

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!